パッシブデザイン

PASSIVE DESIGN

エアコン1台で冬暖かく夏涼しい

パッシブデザインとは、エアコンなどの機械に頼り切らず、
太陽の光・熱・風といった「自然エネルギー」を利用して、
冬暖かく、夏涼しい住まいを実現しようとする設計手法のこと。
一年を通じて少ないエネルギーで心地よく暮らせる住まいをつくります。

Shall We House のコンセプトでもある「パッシブデザイン」。
「パッシブハウス」と共に、住まいの環境をより良くするという点では同じですが、
実は、「パッシブデザイン」と「パッシブハウス」では少し違いがあります。

パッシブデザインとパッシブハウスの違いについて詳しく

エアコン1台で
冬暖かく夏涼しい

パッシブデザインとは、エアコンなどの機械に頼り切らず、太陽の光・熱・風といった「自然エネルギー」を利用して、冬暖かく、夏涼しい住まいを実現しようとする設計手法のこと。
一年を通じて少ないエネルギーで心地よく暮らせる住まいをつくります。
Shall We House のコンセプトでもある「パッシブデザイン」。
「パッシブハウス」と共に、住まいの環境をより良くするという点では同じですが、実は、少し違いがあります。
パッシブデザインとパッシブハウスは違う?

Shall We House のコンセプトでもある「パッシブデザイン」。
「パッシブハウス」と共に、住まいの環境をより良くするという点では同じですが、
実は、「パッシブデザイン」と「パッシブハウス」では少し違いがあります。

パッシブデザインとパッシブハウスの違いについて詳しく

パッシブハウスの
特徴

01.自然の恵みを生かす設計

夏は庇やオーニングなどで高い位置にある太陽の光や熱を遮り、あわせて風の通り道を確保することで心地よい室内空間をつくります。
冬は低い位置にある太陽の光と熱を南側の大きな窓からたくさん取り込み、暖房がいらないくらいポカポカした室内空間をつくります。

02.高断熱

冬の寒さを跳ね返す高断熱の家づくり。
分厚い断熱材にくるまれた室内は、まるで厚手のカシミヤのセーターを着たようなあたたかさを生み出します。
特に重要なのは窓の断熱性能です。
木製サッシトリプルガラスを採用してますので、熱が逃げてしまう道をガッチリガードします。

03.高気密

とにかく隙間をつくらないことが大切です。
せっかく暖めた熱が逃げてしまうのは、暖房代のロスにもつながります。
全棟気密試験を行うことで、一棟一棟家の性能を数値で表しております。

04.第一種換気システム

空気はいつもきれい。
でも熱は逃がさない。
室内の快適な環境を維持するために性能の高い熱交換タイプを採用します。

パッシブハウス、90秒でわかるかな?

ページトップへ

エネルギーを自給自足する家「Smart2030」・パッシブハウス・自然素材の家

〒457-0804
愛知県名古屋市南区源兵衛町4丁目30番地
TEL 052-613-0480 FAX 052-611-7692
電話番号をタップすると電話がかけられます。