By accepting you will be accessing a service provided by a third-party external to https://shallwehouse.com/

9月
29

家は気密が大切<C値0.2>

家は気密が大切<C値0.2>
家をより快適にするために昼間はまだ暑いですが、朝晩涼しく、快適になってきました。人が快適と感じる要素は、環境側で気温(室温)、湿度、気流(空気の流れ)、放射の4つが、人体側で代謝量、着衣量の2つがあります。家をより快適にするためには、環境側の4つの要素をコントロールすることになります。室温の差に着目したのが「断熱」、空気の流れに着目したのが「気密」です。 断熱とは?  断熱とは熱が伝わるのを防ぐこと。住宅では、建物の内側の様々な場所に断熱材を施工する内断熱、構造体の外側に断熱材を施工する外断熱があります。ちなみに、実は熱が最も逃げやすいのは窓であり、窓の断熱はとても効果的です。ShallWeHouseでは、水の力で発泡する環境にやさしい断熱材「アクアフォーム」や宇宙産業から生まれた...
続きを読む
9月
25

在宅避難の必要性と愛知県民

在宅避難の必要性と愛知県民
耐震意識が高い愛知県民  新建ハウジングによりますと、株式会社エヌ・シー・エヌによる、全国47都道府県2,444名を対象にした、「在宅避難」の必要性や「住宅の耐震意識や地震への備え」に関する意識調査が実施されました。 コロナ禍で必要になる「在宅避難」  もしも今、大地震が発生して避難所に駆け込んだとしたら、このコロナ禍でも、「密」は避けられません。そこで注目されるのが、自宅で避難生活を送る「在宅避難」です。感染症を防げ、プライバシーも保護できる反面、電気、水道、ガスが止まった状態での生活となるため、相応の備えが必要となります。今回の調査では、65%が「在宅避難の必要性を感じる」と回答しました。一方で、「自宅で安心・安全に過ごす自信はありますか」という質問に対して、「自信が...
続きを読む
9月
18

土地がなくてもShall We Houseへ!

土地がなくてもShall We Houseへ!
土地探しから家づくりを考えている方にとって、探し方は重要です。ShallWeHouseでは、宅建資格を持つスタッフが土地探しからお手伝いします。一般に土地探しの方法として、以下の3つがあります。①ウェブサイトで探す ひと昔前は、いきなり不動産会社を頼ったり、立て看板を見て問い合わせたり、といった形で土地探しをするのが主流でだったそうです。しかし、IT化の影響もあって、昨今は最初にウェブで検索をする人も少なくありません。ウェブサイトで土地を探すメリットは、ほとんど手間を掛けずに、膨大な情報にアクセスできること。候補エリアの土地価格の相場や、掲載されているデータから、どういった項目で土地の優劣が決まるのか、という感覚も身についてきますから、土地探しの最初のステップとしては理想的です。注...
続きを読む
タグ:
9月
14

リビングは1Fがいいか2Fがいいか

リビングは1Fがいいか2Fがいいか
家の間取りを考える上で、重要になってくるのがリビング。一般的な2階建ての戸建て住宅の多くが1階リビングです。しかし、3階建て住宅や二世帯住宅、都市部の住宅において、2階リビングになることはよくあります。それぞれのメリット、デメリットを見ていきます。 ●1階リビングのメリットとデメリット バリアフリー化しやすいリビング内階段ができるお庭を活用しやすいプライバシーの確保が難しい バリアフリー化について 私たちの寿命は延びていますので、30代で家を建てるなら50年後を想定し、バリアフリー対策を考える必要があります。バリアフリー対策と言っても、体力が衰えたり車いすを使うようになった場合に対応できるように想定をしておけば良いのです。具体的には、1階リビングと一体的に使える部屋を計画すること。2階に上る...
続きを読む
タグ:
9月
09

Shall We Houseの防災対策

Shall We Houseの防災対策
私たちが住んでいる東海地方の台風シーズンと言える7月から10月。災害をもたらした気象事例を見ると、台風による大雨や暴風による被害がそのほとんどを占めています。また、そのほかに竜巻がありますが、竜巻に関して、近年精度が上がったため一概に増えたとはいいにくいようですが、被害のニュースを目にすることが増えました。このような、大雨、暴風についてみなさんは備えをしていますか? 先回の(住まい選びと「ハザードマップ」)に引き続き、今回はShall We Houseの防災対策についてです。ビルトインガレージで機器を守る  Shall We HouseのコンセプトであるSmart2030では、ビルトインガレージを推奨しています。車やV2Hやパワコンなどの電気機器を雨や風から守ることができる他に・重...
続きを読む
9月
02

住まい選びと「ハザードマップ」

住まい選びと「ハザードマップ」
9月1日は防災の日9月1日は防災の日でしたね。国土交通省は、宅地建物取引業法施行規則を改正、不動産取引の契約時の重要事項説明の際、ハザードマップを提示して説明することを義務化しました(2020年8月28日施行)。マイホームの場所選びにおいて、ハザードマップのチェックがいかに重要であるかを国が認めたということです。これからマイホームを考えている人は、最優先で確認しておきたいポイントです。 被害の多くはリスクが高いと公表されたエリアで発生  日本では「数十年に一度」「数百年に一度」といわれる大規模災害が、気候変動の影響からか、毎年のように発生しています。2020年も「令和2年7月豪雨」が発生、消防庁によると8月17日現在、九州を中心に82人が亡くなり、行方不明が4人で、1万7,795戸...
続きを読む
9月
01

改正建築物省エネ法の内容について学べるオンライン講座

国土交通省が運営する、 改正法の内容を動画にて説明するwebサイトが本日より開設されました。なかなかしっかりとしたホームページです。住宅に携わる人はしっかりと受講しなければなりませんね。 改正建築物省エネ法オンライン講座 2021年4月に改正される建築物省エネ法をオンラインで学べるサイトです。建築に携わるどの事業者でも受講可能。これまで全国各地で開催されていた法改正等にともなう説明会を、お好きな時間に、自宅やオフィスで受けることができます。 https://shoenehou-online.jp/ 改正建築物省エネ法が令和3年4月1日から施行されます~改正建築物省エネ法の内容について学べるオンライン講座も開設しております~昨年5月17日に公布された「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法...
続きを読む
8月
31

スマート家電

スマート家電
学習するAI家電 AI(Artificial Intelligence)とは、現在 幅広い分野で活用されている『人工知能』です。ユーザーとのやりとりがインターネットを通じてクラウドに蓄積され、消費者が求めるものの傾向を学習することで精度が日々向上してゆくのが近年のAIの特徴です。天候や湿度に合わせて洗濯方法を提案する洗濯機や、ユーザーとの対話形式でおすすめのメニューを提案する調理機器などがあります。一例としてSHARPのドラム式洗濯乾燥機ES-W112を最新機能とともに、見ていきます。  ●AIでスマートお洗濯 スマホアプリ「COCORO WASH」と連携して、洗濯に関する様々な便利情報が届きます。①季節や天気に応じた最適な洗濯アドバイス「今日は花粉が多いみたい...
続きを読む
8月
26

日産アリアとCHAdeMO

日産アリアとCHAdeMO
ブログ(EVとV2Hについて知る)でもお伝えしていた、EVとV2Hの話。今回は最新の電気自動車、日産 アリアと、EV用急速充電器の充電規格であるCHAdeMOについて見ていきます。 新型クロスオーバーEV「日産 アリア」  日産自動車は7月15日、新型クロスオーバーEV「日産 アリア」を発表しました。「日産 アリア」の日本での発売は2021年中頃を予定し、実質購入価格は約500万円からとなる見込み。ラインナップは、様々な顧客ニーズに合わせて2種類のバッテリーサイズと2種類の駆動方式を設定。65kWhバッテリー搭載モデル(2WD)は、最高出力160kW/最大トルク300Nm、最大航続距離は450km。通勤や買い物などの日常使いだけでなく、週末のドライブにも十分な航続距離を確保していま...
続きを読む
8月
24

スマートハウスとは?

スマートハウスとは?
スマート(賢い)ハウス(住宅)  IT(情報技術)を使って、家庭内のエネルギー消費が最適に制御された、つまりエネルギーを賢く利用する住宅のことです。具体的には、太陽光発電システムや蓄電池などのエネルギー機器、家電、住宅機器などをコントロールし、エネルギーマネジメントを行うことで、CO2排出の削減を実現する省エネ住宅のことを指します。省エネ・創エネ設備を備えた住宅がエコ住宅であるのに対し、エネルギーマネジメントシステムで最適化されたエコ住宅がスマートハウス(=賢い住宅)と言えます。 3つのエネルギー スマートハウスは3つのエネルギーに分類されます。◎創エネルギー・・・・・家庭内でエネルギーを作ること。(太陽光発電システムなど)◎蓄エネルギー・・・・・家庭内でエネル...
続きを読む
8月
18

防犯と対策あれこれ

防犯と対策あれこれ
今回は防犯について  泥棒の侵入経路は、戸建て住宅の約60%が窓から。その中で最も多いのが直接庭に出入りできる「1階居室の窓」からの侵入です。(YKKapHPより) ◎侵入手口1位 カギの開いているところから入る◎侵入手口2位 ガラスを破って入る◎侵入手口3位 ドアその他の錠を開けて入る また、泥棒は、その約半数が侵入する家の下見をしていると言われています。 ●下見がしやすい家とは? ・道路に接している部分が多いと下見がしやすいが、外部からの視線が気になる・道路に接している部分が少ないと下見がしにくいが、敷地に入り込んでしまえば外部からの視線がなくなってしまうため、犯行を行いやすい ●下見でチェックしていることは?・いつの時間帯が留守がちなのか・侵入するのに都合...
続きを読む
8月
18

網戸すり抜ける虫発生!窓を開けないで空気の入れ替えができる家

網戸すり抜ける虫発生!窓を開けないで空気の入れ替えができる家
 体長1~2ミリの小さな虫、網戸を簡単にすり抜ける鳥取県米子市や鹿児島県奄美大島などの一部地域で近年、「干拓虫」や「スケベ虫」などの通称で呼ばれる虫の被害が増えてきている。かまれると強いかゆみに襲われ、症状が1カ月以上続く人も。体長1~2ミリの小さな虫で、網戸を簡単にすり抜ける。気付かぬうちに衣服の下に潜り込むことから被害を防止するのが難しいという。かまれると赤くなり、人によってはかゆみや腫れが1週間以上続く。3月末から5月初旬が発生のピーク。沖縄県の久米島(沖縄県久米島町)でも近年、ヌカカの活動範囲が広がり被害が出るようになったという。発生時期は2~5月。発生源が自治体は調査、駆除を行うも、発生源が特定されていないため、発生抑止にはつながらない。 窓を開けて換気するので虫対策が欠...
続きを読む
8月
07

IoT住宅とRoBoHoN

IoT住宅とRoBoHoN
 RoBoHoN(ロボホン)マンションの全住戸に標準装備されるなど、注目される「RoBoHoN」。戸建住宅においても、RoBoHoNとの楽しいコミュニケーションを通じて、様々な機器やサービス、情報などを一元管理することで、より便利で新しい生活が可能になります。また、新型コロナウイルスなど感染症対策として、人と人との接触機会の低減にも期待されています。  IoT住宅とは?IoTとは「Internet of Things」の略で、日本語に直訳すると「モノのインターネット」となり、さまざまなモノをインターネットでつなぐことを意味します。IoT住宅とは、このようなIoT技術やIoT機器を取り入れた住宅のことです。<スマートフォンやタブレットで家電を遠隔操作  IoT住宅...
続きを読む
8月
04

お盆期間中の対応について

お盆期間中の対応について
お盆期間中の対応について 2020年8月8日~8月16日は、井藤工業事務所のお盆休みとなります。期間中は代表電話はつながりませんので、メールでのご対応お願いいたします。お急ぎの方は担当者へ直接ご連絡ください。清須パッシブハウスはお盆期間中も予約受付中です。コロナ対策を行っていますので、是非体感しにきてください。2020年8月8日~16日は担当者携帯への転送となります。 エネルギーを自給自足する家+停電しても停電しない家+制振ダンパーで災害に強い家あなたと一緒につくる家 Shall We House × Smart2030
8月
03

税制やローンに関する優遇制度

税制やローンに関する優遇制度
 先回に引き続き、新築に関する税制やローンの優遇制度について見ていきます。(リクシル家づくり優遇制度ガイド2020年より) 税制の優遇制度  住宅取得等資金の贈与非課税の特例:最大非課税1500万円(省エネ等住宅)相続時精算課税選択の特例:最大控除2500万円 Shall We Houseブログでもご紹介していますが、住宅取得等資金の贈与非課税の特例は、親や祖父母から住宅取得資金の贈与を受けた場合に一定額まで非課税となる制度です。相続時精算課税選択の特例は、親または祖父母から住宅取得資金の贈与を受けた場合に、2500万円までの贈与分を相続時まで先送りし、相続財産と合算して課税する制度です。ブログはこちら → 住宅取得等資金の贈与非課税の特例(暦年課税)住宅ローン減税:最大...
続きを読む
7月
29

新型コロナウイルス対応や最新省エネシステム導入の優遇制度

新型コロナウイルス対応や最新省エネシステム導入の優遇制度
新型コロナウイルスに対応した優遇制度  全国的に、新型コロナウイルス感染症の影響により、打ち合わせの遅れ、着工の延期、工事の遅延等が発生しているようです。優遇制度において、要件を満たせないケースが予想されるため、国は特別措置を設けています。以下、新築注文住宅について見ていきます。 ●住宅ローン減税の適用要件の弾力化  住宅ローン減税の控除期間13年間の特例は、今年12月31日までの入居が対象ですが、2020年9月末までの契約新型コロナウイルス感染症の影響により入居が遅れたことを証明 の両方の要件を満たした上で2021年12月31日までに入居すれば、13年間の特例の対象になります。●次世代住宅ポイント制度の申請の延長 やむを得ず今年の3月31日までに次世代住宅ポイ...
続きを読む
7月
21

フロー消費型社会から、ストック型社会へ

フロー消費型社会から、ストック型社会へ
いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う 戦後の高度経済成長を経て、我が国はGDPなどフローの経済指標に関しては世界最高の水準を実現したものの、いまだ欧米諸国と比較して「ゆとり」や「豊かさ」が実感しにくい状況にあります。また、少子高齢化、地球温暖化問題や廃棄物問題などの環境問題の深刻化も予想されます。このような中で、20 世紀の「つくっては壊す」フロー消費型社会から、「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」ストック型社会への転換が急務となっています。これに関し、住宅分野については、平成15年住宅・土地統計調査によると、全国の世帯数は約4700 万世帯あるのに対し、住宅数が約 5400 万戸と量的には充足したものの、良好な居住性能等を備えた住宅ストック...
続きを読む
7月
17

エネルギー供給強靱化法が成立。2022年4月に施行

エネルギー供給強靱化法が成立。2022年4月に施行
電気事業法やFIT法(再生可能エネルギー特別措置法)などの改正を盛り込んだ「エネルギー供給強靱化法」が6月5日、参議院本会議で可決・成立しました。再生可能エネの導入拡大と国民負担の軽減を目指し、一部電源を市場連動型の支援制度に移行させるほか、送配電事業者の収入に上限をかけ、その範囲内でのコスト効率化を促すことが施策の柱。自然災害に備えるため、早急に制度的な手当てが必要なものを除き、2022年4月に施行される見込み。FIT法の改正では、これまで一律にFIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)で支えてきた再生可能エネ電源を、競争電源と地域活用電源に大別。事業用太陽光と風力は競争電源として、ドイツなどで実績があるFIP(フィード・イン・プレミアム)に移行させる。FIPとは、再エネ発電事業者は売電...
続きを読む
7月
16

設計住宅性能評価書を交付した住宅の割合が過去最高に!

設計住宅性能評価書を交付した住宅の割合が過去最高に!
国土交通省は6月30日、2019年度の住宅性能表示制度の実績を発表しました。新設住宅着工戸数に対する設計住宅性能評価書の交付割合は前年度比1.6ポイント増の27.7%と、4年連続増で過去最高となりました。新設住宅着工戸数88万3687戸のうち設計での評価書交付は24万5156戸で、対前年比で割合は増加しましたが、戸数は1.6%減でした。設計住宅評価書交付のうち戸建ては1.7%増の12万9208戸、共同住宅等は5.0%減の11万5948戸でした。評価書交付のうち建設(新築)は5.3%増の19万9275戸、建設(既存)は28.2%増の400戸でした。 住宅性能表示制度  住宅性能表示制度は、住宅の性能について、国が定める共通のルール(住宅品質確保法)に基づき、登録住宅性能評価機関が評価...
続きを読む
7月
10

省エネ性能の説明義務制度スタート

省エネ性能の説明義務制度スタート
日本の平均気温は上昇 世界の年平均気温は100年あたり0.68℃の割合で上昇する中、日本は1.15℃の割合で上昇し、特に異常高温日が増え、熱帯夜や猛暑日が増加したため、冷房使用が増し、温暖化をさらに進めています。わが国のエネルギー消費の約3割を占めている住宅・建築分野。加えて、世帯数・床面積の増加やライフスタイルの変化で、エネルギー消費は増えています。こうした、エネルギー需給構造の逼迫の解消や、地球温暖化対策に係る 「パリ協定」の目標達成のため、住宅・建築物の省エネ対策の強化が喫緊の課題となっています。 『建築物省エネ法』が改正 住宅・建築物市場を取り巻く環境を踏まえ、規模・用途ごとの特性に応じた、実効性の高い総合的な対策を講じることが必要不可欠となりました。これを受け、平成27年...
続きを読む
ページトップへ

エネルギーを自給自足する家「Smart2030」・パッシブハウス・自然素材の家

〒457-0804
愛知県名古屋市南区源兵衛町4丁目30番地
TEL 052-613-0480 FAX 052-611-7692
電話番号をタップすると電話がかけられます。