10月
20

Shall We Study5『環境』

Shall We Study5『環境』
ゆうちょ銀行が再生可能エネルギーを利用  ゆうちょ銀行が、10月から一部施設の使用電力を、再生可能エネルギーへ切り替えるというニュースがありました。9月には本社が入居する「大手町プレイス」において全使用電力のゼロエミッション化を達成しているそうです。少しづつCO2排出量の削減に向けた取り組みが進められていますね。※ゼロエミッションとは、人間の活動から発生する排出物を限りなくゼロにすることを目指しながら最大限の資源活用を図り、持続可能な経済活動や生産活動を展開する理念と方法のこと今回のテーマは『環境』  高い買物である住宅を建てるんだったら、勉強しないなんてもったいない!ということで始まったShall We Studyシリーズ!今回は、住宅における『環境』について、一緒に勉...
続きを読む
  130 ヒット
130 ヒット
7月
27

太陽光発電義務化と再エネニュース

太陽光発電義務化と再エネニュース
★公共建築物は原則、太陽光発電義務化  国土交通省によりますと、6月3日に第4回『脱炭素社会に向けた住宅・建築物の省エネ対策等のあり方検討会』が有識者らにより開かれました(第5回は7月20日予定)。公共建築物は原則として太陽光発電設備を設置とし、再生可能エネルギーの導入量を増やす方向へ。一方、新築住宅の義務化は見送られましたが、省エネルギー基準を満たすようにし、ビルなどは省エネ基準の引き上げも検討します。 ●新築住宅もいずれ省エネ基準義務化? 今回の検討会では、省エネ基準の義務付け対象の拡大も盛り込まれました。2050年までに実質二酸化炭素の排出量ゼロにする政府目標を達成するためには、一歩踏み込んだ対策が欠かせませんし、4月に施行した改正建築物省エネ法には延べ床面積300平方メート...
続きを読む
  541 ヒット
541 ヒット
7月
06

【名古屋市南区】オープンハウス開催!Shall We Houseの完成住宅見学会!

【名古屋市南区】オープンハウス開催!Shall We Houseの完成住宅見学会!
名古屋市南区三吉町でShall We House のオープンハウスを期間限定で開催いたします。ミライを先取る素敵な住宅に仕上がっているので、是非遊びにいらしてください。 \Webフォームでたった1分簡単予約!/【吹き抜けリビングがあるミライの家】 広々とした居住空間を演出する吹き抜けリビング。2階から降り注ぐ光が家全体を優しく包み込み、暮らしさえも明るく照らしてくれます。高機密・高断熱・全館空調の三拍子が揃っているので、温度も湿度も年中一定。夏涼しくて冬暖かい、吹き抜けリビングの家が完成しました。業界最先端の住宅性能*1「高機密高断熱・全館空調・電気の自給自足・防災性能・スマートホーム」が全部入りのミライの家。来場してくれた方が口を揃えて『快適で過ごしやすい!』とお話ししてくれます! 【環境...
続きを読む
  1668 ヒット
1668 ヒット
5月
18

事業者向けソーラーカーポートに補助金

事業者向けソーラーカーポートに補助金
●ソーラーカーポートに補助金  環境省は5月14日、事業者向けにソーラーカーポートや蓄電池の導入を支援する補助事業について、執行団体である環境技術普及促進協会より公募が開始されたことを発表しました。第1次の公募期間は、同日から6月10日としています。(スマートハウスリーダーズHPより抜粋)このほど募集を開始した『再生可能エネルギー事業者支援事業費(建物屋根上や空き地以外の場所を活用した自家消費型の太陽光発電設備(ソーラーカーポート等)及び蓄電池の導入を行う事業)』は、令和3年度の実施事業である『二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(PPA活用など再エネ価格低減等を通じた地域の再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業)』の中の一つ。太陽光発電の設置箇所拡大による更なるCO2削減を目的に...
続きを読む
  2350 ヒット
2350 ヒット
5月
17

名古屋市の低炭素化補助金

名古屋市の低炭素化補助金
名古屋市では、太陽光発電設備や省エネルギー機器等を導入して、二酸化炭素(CO2)の排出を少なくした住宅の普及をめざしています。今回は、その補助金制度(新築)について、見ていきます。 ●対象機器などは? ・太陽光発電設備・蓄電システム・HEMSの一体的導入 500件市内の既存住宅に、同時に導入太陽光発電設備 2万円/KW蓄電システム 1.5万円/KWHEMS 1万円/件・ZEH 150件国のZEH補助を受ける新築住宅 10万円/件国のZEH+補助を受ける新築住宅 20万円/件国のZEH+補助を受ける新築住宅に蓄電システムを同時に導入 29万円/件・V2H充放電設備 20件新たに設置または設置された新築住宅等の購入 5万円/件・エネファーム 500件新たに設置または設置された新築住宅等...
続きを読む
  670 ヒット
670 ヒット
4月
09

『損せず、心地よく暮らしたいなら「デジタル・スマートハウス」はどうですか?』

『損せず、心地よく暮らしたいなら「デジタル・スマートハウス」はどうですか?』
今日は、本をご紹介します。また、本のプレゼントもありますので、ぜひご一読くださいね。 菅総理の、2035年までに国内で販売される自動車をすべて電気自動車化する、という宣言が、私たちShallWeHouseがつくる家『Smart2030』の追い風となりました。併せて改正省エネ法、残価設定型住宅ローンの導入開始など、住宅性能の向上に向けた新しい動きがあります。そんな中、これを読めばスマートハウスがよくわかる、ムック本が出版されました。 ●どんな内容? <目次>1.スマートハウスの定義2.スマートハウスは何がいいのか3.断熱性を考える4.健康で長生きできる換気を考える5.暖かく、涼しい暮らし方を考える6.電気を自給自足する必要性7.電気を生み出す具体的な方法8.災害に備える9.高資産価値...
続きを読む
  625 ヒット
625 ヒット
11月
25

英国、ガソリン車を30年に禁止 EVの普及加速も

英国、ガソリン車を30年に禁止 EVの普及加速も
海外でどんどん進む、EV車社会。日本社会は追いついていけるのでしょうか。 英政府は17日、ガソリン車とディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表した。気候変動対策の目玉として、温暖化ガスを直接排出しない電気自動車(EV)の普及を後押しする。ガソリン車の販売禁止は米国やカナダなどでも相次いでおり、EV化が世界的に加速しそうだ。英政府は2月に規制目標を当初の40年から35年に前倒ししたが、今回さらに早めることで環境配慮の姿勢を明確にする。ガソリンと電気を併用するハイブリッド(HV)も、排出ゼロの規制をクリアしたもの以外は35年までに販売を禁止する。英国のクルマの年間販売台数は19年に約230万台だった。欧米の政府はEV普及のために補助金など政策面での支援を拡充している。米テスラや独フ...
続きを読む
  767 ヒット
767 ヒット
10月
19

電力市場なぜ必要

電力市場なぜ必要
今回も、今年8月に『EnergyShift』に掲載された、京都大学の安田陽特任教授インタビューから抜粋して、電力市場についての話を紹介します。日本の電力市場は変化し続けており、需給調整市場なども準備されていますが、海外の電力市場と比較したとき、どちらの方向へと向かっているのでしょうか。『世界の再生可能エネルギーと電力システム 電力市場編』を出版された安田陽京都大学特任教授に話を聞きました。 電力市場とは 電力取引の場合、スポット(現物)市場といいつつ、現物の取引は前日には終了してしまい、その後は市場プレーヤー同士が時間前市場で調整するというしくみは、他の商品では類を見ません。基本はスポット市場(前日市場)と時間前市場(当日市場)、需給調整市場の3つがメインですが、欧州、特にドイツで...
続きを読む
  795 ヒット
795 ヒット
10月
16

再生エネが「主力電源」に

再生エネが「主力電源」に
梶山弘志経済産業相は13日、日本経済新聞のインタビューで、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを「他の電源に比べ上位の主力電源にしていく」と表明した。普及の基盤となる高性能な蓄電池や洋上風力の整備などに予算を厚く配分する。原子力発電所については「今後10年間は再稼働に全精力を注ぐ」として新増設に慎重な姿勢を示した。 梶山氏は再生エネについて「(電源構成上で)上限を設けずに比率を引き上げていく」と述べた。再生エネは2018年にまとめた現行のエネルギー基本計画で「主力電源化を目指す」として、発電量に占める割合を30年に22~24%に高める目標を掲げた。18年度時点では17%にとどまる。梶山氏はエネルギー政策について「民間企業の予見可能性を高めることが重要だ」とも指摘し、政府が投資環境を整備するこ...
続きを読む
  447 ヒット
447 ヒット
10月
07

蓄電池は本当に必要なのか

蓄電池は本当に必要なのか
今回は1年ほど前に『EnergyShift』に掲載された、京都大学の安田陽特任教授インタビューから抜粋して、蓄電池についての話を紹介します。災害が起こるたびに、非常用電源として注目される「蓄電池(バッテリー)」。再生可能エネルギーの発電変動の調整にも使われ、モビリティ用も開発競争は激化し、ますます社会になくてはならないものとなっていますが、"さまざまな用途に活用できる優れたデバイスである"ことを認めながらも、「日本では適切に使われていないのではないか?」と厳しく問い続ける人物が、京都大学 安田陽特任教授です。>>>Energy Shift 京都大学 安田陽特任教授に聞く、そこに蓄電池は本当に必要なのか(2020年9月19日)より 蓄電池の不安商法?  台風の影響で停電が続いくと、必...
続きを読む
  892 ヒット
892 ヒット
8月
24

スマートハウスとは?

スマートハウスとは?
スマート(賢い)ハウス(住宅)  IT(情報技術)を使って、家庭内のエネルギー消費が最適に制御された、つまりエネルギーを賢く利用する住宅のことです。具体的には、太陽光発電システムや蓄電池などのエネルギー機器、家電、住宅機器などをコントロールし、エネルギーマネジメントを行うことで、CO2排出の削減を実現する省エネ住宅のことを指します。省エネ・創エネ設備を備えた住宅がエコ住宅であるのに対し、エネルギーマネジメントシステムで最適化されたエコ住宅がスマートハウス(=賢い住宅)と言えます。 3つのエネルギー スマートハウスは3つのエネルギーに分類されます。◎創エネルギー・・・・・家庭内でエネルギーを作ること。(太陽光発電システムなど)◎蓄エネルギー・・・・・家庭内でエネル...
続きを読む
  1236 ヒット
1236 ヒット
7月
17

エネルギー供給強靱化法が成立。2022年4月に施行

エネルギー供給強靱化法が成立。2022年4月に施行
電気事業法やFIT法(再生可能エネルギー特別措置法)などの改正を盛り込んだ「エネルギー供給強靱化法」が6月5日、参議院本会議で可決・成立しました。再生可能エネの導入拡大と国民負担の軽減を目指し、一部電源を市場連動型の支援制度に移行させるほか、送配電事業者の収入に上限をかけ、その範囲内でのコスト効率化を促すことが施策の柱。自然災害に備えるため、早急に制度的な手当てが必要なものを除き、2022年4月に施行される見込み。FIT法の改正では、これまで一律にFIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)で支えてきた再生可能エネ電源を、競争電源と地域活用電源に大別。事業用太陽光と風力は競争電源として、ドイツなどで実績があるFIP(フィード・イン・プレミアム)に移行させる。FIPとは、再エネ発電事業者は売電...
続きを読む
  635 ヒット
635 ヒット
7月
10

省エネ性能の説明義務制度スタート

省エネ性能の説明義務制度スタート
日本の平均気温は上昇 世界の年平均気温は100年あたり0.68℃の割合で上昇する中、日本は1.15℃の割合で上昇し、特に異常高温日が増え、熱帯夜や猛暑日が増加したため、冷房使用が増し、温暖化をさらに進めています。わが国のエネルギー消費の約3割を占めている住宅・建築分野。加えて、世帯数・床面積の増加やライフスタイルの変化で、エネルギー消費は増えています。こうした、エネルギー需給構造の逼迫の解消や、地球温暖化対策に係る 「パリ協定」の目標達成のため、住宅・建築物の省エネ対策の強化が喫緊の課題となっています。 『建築物省エネ法』が改正 住宅・建築物市場を取り巻く環境を踏まえ、規模・用途ごとの特性に応じた、実効性の高い総合的な対策を講じることが必要不可欠となりました。これを受け、平成27年...
続きを読む
  1913 ヒット
1913 ヒット
7月
08

バーチャルパワープラント(VPP)とは?

バーチャルパワープラント(VPP)とは?
これまでの電力システムは、需要に合わせて供給を行うという形態が採られてきましたが、東日本大震災に伴う電力需給のひっ迫を契機に、従来の省エネの強化だけでなく、電力の需給バランスを意識したエネルギーの管理を行うことの重要性が強く認識されていきました。また、震災後、太陽光発電や風力発電といった再生可能エネルギーの導入が大きく進みましたが、これらは天候など自然の状況に応じて発電量が左右されるため、供給量を制御することができず、安定した電力供給が難しいという課題があります。こうした動きと並行して、太陽光発電や、家庭用燃料電池などのコージェネレーション、蓄電池、電気自動車、ネガワット(節電した電力)など、分散型のエネルギーリソースの普及が進んでいきました。このような背景から、大規模発電所(集中電源)に依...
続きを読む
  1314 ヒット
1314 ヒット
7月
03

石炭火力抑制に転換 経産省、低効率100基を休廃止へ

石炭火力抑制に転換 経産省、低効率100基を休廃止へ
電気を買わない、将来への「投資新宅」  石炭火力発電と比べ、再エネによる発電は分散型のネットワークです。太陽光や風力は、小規模な発電施設として無数に広がり、企業や地域、個人が、自分で使うエネルギーの生産者になれます。そしてIoT技術を活用し、あたかも1つの発電所のような機能を提供する仕組み(VPP)を構築することができれば、蓄電池やEV車に貯蔵した電気を需要のピーク時(電気価格が高くなったとき)に送電網に戻すことができ、利益を得ることも可能になります。We-Smart2030は太陽光発電と蓄電池、EV車を連携させ、再エネの電力を効率よく活用する「VPP」の構築を目指しています。住宅を建てることを検討している方、是非将来への「投資」として家づくりを考えてみませんか?Shal...
続きを読む
  897 ヒット
897 ヒット
7月
03

【環境省戸建ZEH】令和2年度 戸建住宅におけるネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化支援事業

一般社団法人 環境共創イニシアチブ ZEH支援事業 公募情報(【環境省戸建ZEH】令和2年度 環境省によるZEH補助金 の二次公募が7月6日(月)から始まります。   公募期間:2020年7月6日(月)10:00 ~ 2020年8月21日(金) 17:00必着 SII:一般社団法人 環境共創イニシアチブ|ZEH支援事業 公募情報(【環境省戸建ZEH】令和2年度 環境省によるZEH補助金) SII 一般社団法人環境共創イニシアチブの「【環境省戸建ZEH】令和2年度 戸建住宅におけるネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化支援事業 公募情報」についてのページです。 https://sii.or.jp/moe_zeh02/support/public.html#second 公募期間...
続きを読む
  1291 ヒット
1291 ヒット
6月
29

EVとV2Hについて知る

EVとV2Hについて知る
某ハウスメーカーのCMでもおなじみですが、家で"電気を自給自足"することができる時代になりました。その仕組みの1つが、「EV」と「V2H」。上手く使えば、光熱費の大幅な節約につながるため、「EV」の普及と共に注目を集めている「V2H」。詳しく見ていきましょう。 「EV」とは 「EV」は、Electric Vehicleの略で電気自動車のこと。その名の通り、電気をエネルギーにして、モーターを駆動させることで走行します。ガソリンを使わず電気100%で走るため、給油は必要なし。維持費としてかかるのは、ガソリン代ではなく電気代になります。 電気自動車の充電方法の進化 今まで一般的だったのは、住宅に設置されている100V/200Vのコンセントから充電する方法。その後、家庭用の充電スタンドが登場。家庭用...
続きを読む
  1441 ヒット
1441 ヒット
6月
03

BELSマークは家につけるマーク

BELSマークは家につけるマーク
性能表示制度BELSについて Shall We Houseが提案するSmart2030電気を買わない暮らし。Smart2030の家づくりの5つの約束のうち、家の資産価値に関わるのが「BELS」評価書。この「BELS」、テレビCMや広告などで、すでにご存知の方もいらっしゃるかも知れません。「BELS」は、今後住宅を選ぶ上で新たな基準となる、表示制度のことです。今回は「BELS」について詳しくご説明していきます。 BELSとは?「BELS」は、「Building-housing Energy-efficiency Labeling System」の頭文字を取った略称で、建築物の省エネ性能表示制度のことです。「ベルス」と読みます。平成27年7月、「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」が公...
続きを読む
  1087 ヒット
1087 ヒット
6月
03

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019で「特別優秀賞」を受賞

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019で「特別優秀賞」を受賞
 Shall We Houseが参画するSmart2030の新潟県上越市にあるSmart2030零和の家(上越中央モデルハウス)が、ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019で「特別優秀賞」を受賞いたしました。 一般財団法人日本地域開発センターが主催しているハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019。Shall We Houseでもご提案しているSmart2030の上越中央モデルハウスが「特別優秀賞」を受賞いたしました。この表彰制度は、建物躯体と設備機器をセットとして捉え、トータルとしての省エネルギー性能やCO2削減等へ貢献する優れた住宅を表彰する制度です。 さらなる省エネルギーによる環境負荷削減の推進と快適な住まいの実現に貢献することを目指し、優れた住宅に送られるもの...
続きを読む
  987 ヒット
987 ヒット
5月
30

Shall We House - 井藤工業 - はSDGsに取り組んでいます

Shall We House - 井藤工業 - はSDGsに取り組んでいます
持続可能な開発目標SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは、「Sustainable Development Goals」の略称であり、日本語に訳すと「持続可能な開発目標」という意味です。2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の「国連持続可能な開発サミット」にて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ(行動計画)」で掲げられた、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標となっています。17のゴール・169のターゲットから構成されていて、SDGsの最大の特徴のうちの一つが、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」という理念です。前身となるMDGsは主に発展途上国...
続きを読む
  1244 ヒット
1244 ヒット
ページトップへ

エネルギーを自給自足する家「Smart2030」・パッシブハウス・自然素材の家

〒457-0804
愛知県名古屋市南区源兵衛町4丁目30番地
TEL 052-613-0480 FAX 052-611-7692
電話番号をタップすると電話がかけられます。