By accepting you will be accessing a service provided by a third-party external to https://shallwehouse.com/

パッシブデザインとパッシブハウスは違う?

Shall We House のコンセプトでもある「パッシブデザイン」。
「パッシブハウス」と共に、住まいの環境をより良くするという点では同じですが、実は、少し違いがあります。

パッシブハウスジャパンHPより画像:パッシブハウス住宅例

パッシブデザインとは?  

まずは「パッシブデザイン」について。この「パッシブ」は、訳すと「受動的」という意味になります。ご存じの通り、「能動的」を意味する「アクティブ」という言葉の対義語です。建築の定義としての「パッシブ」は、環境空間を構成する建築外皮の性能を利用すること。一方「アクティブ」は機械的・電気的な装置を利用することとあります。その定義によると、「パッシブデザイン」とは、建築自体のデザインにより建築内外に生じる熱や空気や光などの流れを制御し、暖房効果、冷房効果、照明効果などを積極的に得ることを意図した設計手法のこと、とあります。

少し難しい言い回しなので、まとめると、住まいそのものの性質を活かして、自然エネルギーをうまく利用した省エネルギーの快適な住まい、というところでしょうか。気候変動が危惧される現代では、住まいだけでなく、地球にも負荷をかけない暮らしの実現が理想的です。ちなみに、この「パッシブデザイン」には、特に基準や認証などはありません。太陽の光と熱、そして自然の風はタダ、無料です。自然の光や風を上手に活用して冬は暖かく、夏は涼しい住まいで、電気やガスなどへの依存率が減少し、省エネでありながら快適で健康的な暮らしを実現することができます。

以下に、Shall We House が行う具体的な手法をご紹介します。

●太陽熱の利用  

冬の太陽熱を南側の大きな窓から受け、その熱を空間や床材などへ蓄熱させて、夜までポカポカした空間を持続させることで、暖房に頼り切らない暮らしを実現しします。


●日射を遮蔽

庇をしっかり作る(オーニングやブラインドも併用する)ことで、夏の日射を遮る工夫をして、冷房負荷を減らします。

外付けブラインド passiv blind ®【パッシブブラインド】より

●昼光の利用 

昼間の明るさを窓から室内に取り込み、人口照明の利用を減らします。

●自然風の利用  

夏の夜、春や秋などの中間期に外気を取り入れます。
窓の位置を工夫し、自然風をうまく利用することで、エアコンや除湿機に頼らない期間を長くすることができます。  

●高気密  

隙間をつくらずロスを防ぐことで、気密性を高めます。また、全棟気密試験を行い、一棟一棟家の性能を数値で表しております。

●高断熱  

分厚い断熱材と木製サッシトリプルガラスを採用することで、断熱性を高めることで暖めた(冷やした)快適な室温を持続させます。建物全体を一定の温度にすることができるので、建物のどの部屋も暖かく、涼しく快適に過ごすことができます。

パッシブハウスとは?  

一方、「パッシブハウス」は、実は、環境先進国ドイツのパッシブハウス研究所が規定する性能認定基準を満たす省エネルギー住宅のことです。つまり、「パッシブデザイン」を取り入れ、かつ、基準をクリアした住宅のこと。そしてこの基準、とても厳しく、断熱性や、気密性、換気設備、間取り、通風、遮熱、日射取得、給湯設備、照明機器など総合的に温熱環境をシュミレーションして建物の一次エネルギー消費や冷暖房負荷などを一定基準以上クリアしなければなりません。
なんだかとても難しいですが、とにかく基準が非常に厳しいのです。
日本でもドイツ・パッシブハウス研究所の国内の正式な窓口として、パッシブハウスジャパンという団体が、日本の気候・文化様式にあわせた「日本型超省エネ住宅」の研究と確立、そして普及を目指しています。  

超省エネ住宅+αの家づくり 

Shall We Houseでも、先述の「パッシブデザイン」の具体的な手法に加え、第一種換気システムの採用や、スーパージオ工法による地盤対策evoltzによる制震ダンパーなど高性能システム(詳しくはコンセプトをご覧ください)などを積極的に提案しており、厳しいパッシブハウスジャパンの推奨基準をクリアした超省エネ住宅+αの家づくりが実現できます。
また、同じ性能の住宅でも立地条件、気象条件の違いなどにより、やはり1件1件違ってきますので、バランスを考えながら、Shall We Houseと一緒に快適で最適な家づくりを進めていきましょう。

住宅が実際に見学できるチャンス!  

そして、なんとそんなShall We Houseが手がけた住宅が実際に見学できるチャンスがあります。この住宅、パッシブハウスジャパンの推奨基準に加え、耐震等級3、制振ダンパー使用など、超高性能な住宅です!ぜひ、ご自身の目で、肌で、体感してください!
詳しくは【清須市パッシブハウス】体感見学7/1~9/30予約受付中!をご覧ください。

EVとV2Hについて知る
進化するエアコン
ページトップへ

エネルギーを自給自足する家「Smart2030」・パッシブハウス・自然素材の家

〒457-0804
愛知県名古屋市南区源兵衛町4丁目30番地
TEL 052-613-0480 FAX 052-611-7692
電話番号をタップすると電話がかけられます。