By accepting you will be accessing a service provided by a third-party external to https://shallwehouse.com/

話題のライフスタイル「二地域居住」VS 多様「移住者支援制度」

2021年1月31日に「マツコ会議」(日本テレビ系)で取り上げられた「デュアラー」。これは都会と地方の二箇所に生活拠点を構えたライフスタイルをする二地域居住(二拠点居住・二拠点生活)を指します。二地域居住は地方や郊外への移住に踏み切れない人に好適なライフスタイルという「二地域居住」と、多様化している「移住者支援制度」について探ってみます。
(新建ハウジング移住・交流推進機構より抜粋)

●田舎暮らしに踏み切れない人に二地域居住をオススメする理由 

なぜ二地域居住は移住に踏み切れない人に好適なのでしょうか。最大のメリットは住み慣れた拠点を完全に手放さずに移住の良さを取り入れられることです。都会の喧騒から離れた郊外で暮らす、いわゆる"田舎暮らし"をしたいと思っても、急激な環境の変化には誰もが不安を感じるもの。しかし、そういった不安を抱えながら暮らすことはかえってストレスになります。

田舎暮らしに対して憧れはあるもの、踏み切れない人は多いようです。そんな状況が明らかになった調査結果があります。

 田舎暮らしを考えるきっかけは? 

(株)みんなの奥永源寺は、現在リモートワークをしている20代~50台の男女を対象に「田舎暮らしの魅力と期待」に関する調査を実施。田舎暮らしに対する憧れと不安が明らかになりました。

みんなの奥永源寺HPより

まず、「都市部から田舎への移住を考えたことはありますか?」という質問に対して


・現在移住を考えている(24.7%)

・過去に移住を考えた(17.0%)


と、4割以上が「田舎への移住を考えたことがある」と回答しました。

次に、「田舎への移住を考えたきっかけを教えてください」と質問すると、


・働き方改革(30.0 %)

・転職や起業(24.5 %)

・新型コロナウイルス感染拡大の影響(22.2 %)

・結婚(12.2 %)

・出産(6.1 %)

という結果に。

続いて「田舎暮らしの魅力は?」という質問には(複数回答可)


・豊かな自然環境がある(54.5 %)

・土地価格が安い(46.0 %)

・物価が安い(39.0 %)


という結果となりました。

でも心配…田舎暮らしのデメリットは? 

とは言え、当然不安な面も。

「田舎に移住する、体験・交流する(した)際の不安を教えてください(複数回答可)」という質問では


・買い物などに困らないか(50.0 %)

・地域住民と上手く馴染めるか(47.1 %)

・仕事や収入が確保できるか(42.6 %)

・医療や福祉が充実しているか(41.2 %)



という結果に。続いて、田舎暮らしで求めることを聞くと(複数回答可)


・就労支援(39.9 %)

・日用品などの買い物に困らない(39.7 %)

・インフラ整備(38.0 %)

・医療・社会福祉環境(38.0 %)


と続きました。

田舎暮らしに最低限求めるものを聞いてみると、次のような声がありました。


・都市部へのアクセスの良さ(20代/女性/埼玉県)

・子育て支援(30代/女性/高知県)

・不自由なく暮らせるだけの安定的な収入を得られる仕事(30代/男性/大阪府)

・移住の支援で補助金があれば求めたい(40代/男性/埼玉県)

・閉鎖的ではない場所がいい(40代/女性/千葉県)


ゆっくり暮らしたいものの、一度都会へ暮らした人からすれば、利便性や適度な街の開放感は欠かせないようです。

●高齢者が体一つで始められる?! 二地域居住 

上記の調査結果からわかるように田舎暮らしはしたいものの、いざするとなると難しいのが現状で、特に高齢者の場合、住み慣れた場所から完全に離れるのは勇気がいり、移住は大きな決断となります。

暮らし慣れた住まいで暮らしながら新たな住まいでも暮らす。そんな二地域居住は、実は高齢者にこそオススメしたいライフスタイルなのだそう。

高齢者が安心・安全に暮らせるサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)は、二地域居住にぴったりの住まいです。サ高住は施設ではなく賃貸住宅なので、仮住まいとして借りられます。

ナースコールや安否確認を行う人感センサーが設置されていたり、フロントスタッフもいて、居住者と交流を図る場にもなる食堂ラウンジや多目的室も用意。館内では年間行事やワークショップを開催するなど、精神衛生においても配慮が行き届いたサービスが。

サ高住で暮らす高齢者の中でも、今までの住まいは手放さずにトライアルステイ(お試し居住)として暮らす人は少なくないそうです。

●自治体が取り組む「移住者支援制度」が面白い 

金銭的余裕があれば、高齢になってからの上記のような二地域居住も悪くないですが、全国に、各自治体が取り組んでいる、移住者支援制度というものがあります。田舎暮らしの魅力や移住・交流の情報を発信している一般社団法人 移住・交流推進機構によりますと、定住促進奨励金や、住宅建築補助、リフォーム支援なや、子育て支援など、多種多様な支援制度があります。

一例を紹介しますと、

・宮城県七ヶ宿町(移住・交流推進機構HPより 宮城県七ヶ宿町)

40歳未満で中学生以下のお子様がいる世帯を対象に、20年間住んだ場合に土地、住宅を無償で譲渡。住宅の間取りは入居者の希望により決定します。

・北海道標津町(移住・交流推進機構HPより 北海道標津町)

幼稚園使用料無料化、給食費・教材費等の無料化

・岡山県高梁市(移住・交流推進機構HPより 岡山県高梁市)

40歳未満で中学生以下のお子様がいる世帯を対象に、20年間住んだ場合に土地、住宅を無償で譲渡。住宅の間取りは入居者の希望により決定します。

詳しくはコチラの移住・交流推進機構HP↓

>>>【2020年度版】移住っていいことあるんだ!!知らないと損する全国自治体支援制度/ニッポン移住・交流ナビ JOIN (iju-join.jp)

>>>ホーム/ニッポン移住・交流ナビ JOIN (iju-join.jp)

各自治体がアイデアで面白い取り組みをしていますね。ハードルが高い移住も、移住者支援制度や二地域居住で、新しく楽しい暮らしができるかもしれません。


☆V2Hで電気自動車の電気をおうちに入れよう!☆リーフ・EV車で暮らせる家☆

エネルギーを自給自足する家+停電しても停電しない家+制振ダンパーで災害に強い家

あなたと一緒につくる家 Shall We House × Smart2030

2022年オープン「ジブリパーク」は「もののけの里」「魔女の谷」など5つのエリア
「暖房」とは体をあたためることではない

関連する投稿

ページトップへ

エネルギーを自給自足する家「Smart2030」・パッシブハウス・自然素材の家

〒457-0804
愛知県名古屋市南区源兵衛町4丁目30番地
TEL 052-613-0480 FAX 052-611-7692
電話番号をタップすると電話がかけられます。