By accepting you will be accessing a service provided by a third-party external to https://shallwehouse.com/

名古屋市の低炭素化補助金

名古屋市では、太陽光発電設備や省エネルギー機器等を導入して、二酸化炭素(CO2)の排出を少なくした住宅の普及をめざしています。

今回は、その補助金制度(新築)について、見ていきます。

●対象機器などは? 

・太陽光発電設備・蓄電システム・HEMSの一体的導入 500件

市内の既存住宅に、同時に導入

太陽光発電設備 2万円/KW

蓄電システム 1.5万円/KW

HEMS 1万円/件

・ZEH 150件

国のZEH補助を受ける新築住宅 10万円/件

国のZEH+補助を受ける新築住宅 20万円/件

国のZEH+補助を受ける新築住宅に蓄電システムを同時に導入 29万円/件

・V2H充放電設備 20件

新たに設置または設置された新築住宅等の購入 5万円/件

・エネファーム 500件

新たに設置または設置された新築住宅等の購入 3万円/件

例えば、新築住宅で

・ZEH+

・蓄電システム

・V2H充放電設備

・エネファーム

を導入で最大37万円の補助金

●手続きの流れは? 

①『補助金交付申請書』 提出

申請期間:令和3年4月19日(月)~令和4年2月28日(月)必着

②『補助金交付決定通知書』 到着

⓷設置工事 開始

④設置工事又は引渡し 完了

完了期限:令和4年3月15日(火)

⑤『実績報告書兼請求書』 提出

提出期限:工事完了後日以内又は令和4年3月24日(木)必着

⑥補助金の受け取り

交付申請書の提出から交付決定までは約2週間、実績報告書の提出から補助金の支払までは約2か月かかります。

その他、補助の対象など条件がありますので、詳しくはコチラ↓をご確認ください。

https://www.city.nagoya.jp/kankyo/page/0000138396.html


低炭素化のための設備は、低炭素化だけでなく、長期的に見た場合のトータルコストがお得になったり、快適で災害にも強い仕組みです。

補助金をかしこく使って、こだわりの家をつくりませんか。


☆V2Hで電気自動車の電気をおうちに入れよう!☆リーフ・EV車で暮らせる家☆

エネルギーを自給自足する家+停電しても停電しない家+制振ダンパーで災害に強い家

あなたと一緒につくる家 Shall We House × Smart2030

事業者向けソーラーカーポートに補助金
ホンダが全てEV、FCVに!軽のEVも

関連する投稿

ページトップへ

エネルギーを自給自足する家「Smart2030」・パッシブハウス・自然素材の家

〒457-0804
愛知県名古屋市南区源兵衛町4丁目30番地
TEL 052-613-0480 FAX 052-611-7692
電話番号をタップすると電話がかけられます。