By accepting you will be accessing a service provided by a third-party external to https://shallwehouse.com/

ホンダが全てEV、FCVに!軽のEVも

 ホンダは4月23日に三部敏宏氏の就任会見をおこない、そのなかで、日本市場の電動戦略について言及し、ALL EV化を発表しました。 (エナシフTV4/25より抜粋)

●車の電動化 

EVとFCVの販売比率目標を、先進国では2035年に80%、グローバルでは2040年に100%を掲げました。

日本においては、2030年までに、ハイブリッドを含めて100%電動化、2040年には100%電動化としています。

・バッテリーの地産地消

バッテリ0の調達は国内産業の発展にも寄与できるよう、日本での地産地消を目指すとしています。

・軽のEV

2024年には、買い物や通勤などの"チョイノリ"ができる軽のEV投入を予定しており、6年連続新車販売台数1位のN-BOXのEV化が近いのではと言われています。

・中国への販売目標

今後5年以内に10種類のHondaブランドEVを中国市場に投入予定。

バッテリーについてもCATLとの連携を強化するとしています。

・北米への販売目標

ゼネラルモータースのEV向けバッテリー「アルティウム」を採用した両社共同開発の大型EVを2車種、それぞれHondaとAcuraブランドの2024年モデルとして、北米市場に投入予定です。

●水素戦略 

GMとの協業は継続しながら、商用トラックへの展開や、定置型、可搬型電源など、幅広い用途にFCシステムを活用していく、としています。

●安全への取り組み 

2050年に全世界でHondaの二輪車、四輪車が関与する交通事故死者ゼロを目指します。

特に、二輪車の死亡事故に四輪車が関与しているケースが多いことから、ADAS(Advanced Driver Assistance System:先進運転支援システム)を先進国の四輪全機種への適用を2030年までにさせるとしています。

全体戦略は電動モビリティとエネルギーサービスをつなぎ、モバイルパワーパックの活用拡大、電動車両に搭載された大容量バッテリーの活用、FCシステムの応用・展開を軸に着実に実行していく、としています。

●今後のビジョン 

次の夢として、モビリティを3次元4次元に拡大していくべく、空、海洋、宇宙、ロボットなどの研究も進めています。Hondaがあってよかったと期待される企業でありたい、とのことです。

自動車はもちろん、バイクに耕うん機に船や飛行機、そしてロボット。ホンダがこんなに幅広いとは知りませんでした。日本の技術が世界でもっと広まってほしいですね。


☆V2Hで電気自動車の電気をおうちに入れよう!☆リーフ・EV車で暮らせる家☆

エネルギーを自給自足する家+停電しても停電しない家+制振ダンパーで災害に強い家

あなたと一緒につくる家 Shall We House × Smart2030

名古屋市の低炭素化補助金
グリーン住宅ポイント制度に係る完了後ポイント発行申請を開始しました!

関連する投稿

ページトップへ

エネルギーを自給自足する家「Smart2030」・パッシブハウス・自然素材の家

〒457-0804
愛知県名古屋市南区源兵衛町4丁目30番地
TEL 052-613-0480 FAX 052-611-7692
電話番号をタップすると電話がかけられます。