By accepting you will be accessing a service provided by a third-party external to https://shallwehouse.com/

BELSマークは家につけるマーク

性能表示制度BELSについて

Shall We Houseが提案するSmart2030電気を買わない暮らし。Smart2030の家づくりの5つの約束のうち、家の資産価値に関わるのが「BELS」評価書。この「BELS」、テレビCMや広告などで、すでにご存知の方もいらっしゃるかも知れません。「BELS」は、今後住宅を選ぶ上で新たな基準となる、表示制度のことです。今回は「BELS」について詳しくご説明していきます。


BELSとは?

「BELS」は、「Building-housing Energy-efficiency Labeling System」の頭文字を取った略称で、建築物の省エネ性能表示制度のことです。「ベルス」と読みます。平成27年7月、「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」が公布され、同法第7条において、住宅事業者は、建築物について、エネルギー消費性能の表示をするよう努めなければならない、ということが位置づけられました。その後、平成28年4月より施行し、新築・既存の別を問わず、全ての建築物を対象とした省エネルギー性能等に関する評価・表示を行う制度としてスタートしました。

BELSマークは家につけるマーク

最近では、有機JAS規格を満たす農産物などに付される「有機JASマーク」をスーパーで見かけることも多くなりました。また、環境保全に役立つと認められた商品につけられる環境ラベルの「エコマーク」。これらと同様、住宅の省エネ性能についての評価が示されたラベルが「BELS」です。今までは、素人が一目見て住宅の性能を判断することは、難しいことでした。しかし、ラベルを一目見ただけで、住宅の性能が分かるようになったことで、建てる側が安心できる仕組みとなりました。

BELSラベル

具体的には、上記のように、星1つ~星5つまで星でランク付けされ、星の数が多いほど省エネ性能が高く、光熱費が少なく済みます。つまり、ガソリン代が少ない車=燃費の良い車ですが、毎月の水道光熱費というランニングコストが少ない家=燃費の良い家となります。

省エネ基準適合レベルとされているのは2つ星ですが、Shall We Houseでは、最高ランク5つ星仕様の施工実績がありますので、ランニングコストを抑えて、お得に性能の良いお家で暮らすことが可能です。前述したように、これからの住宅は、省エネ性能の高い家づくりが求められますので、ぜひ、ノウハウのあるShall We Houseでお客様の夢を叶えませんか?私たちが心を込めてお手伝いさせて頂きます。また、BELSについてはもちろん、家づくりについての疑問があれば、お気軽にお問い合わせください!


エネルギーを自給自足する家+停電しても停電しない家+制振ダンパーで災害に強い家
あなたと一緒につくる家 Shall We House × Smart2030

コロナウィルスを住宅に侵入させない家づくり
ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019で「特別優秀賞」を受賞

関連する投稿

ページトップへ

エネルギーを自給自足する家「Smart2030」・パッシブハウス・自然素材の家

〒457-0804
愛知県名古屋市南区源兵衛町4丁目30番地
TEL 052-613-0480 FAX 052-611-7692
電話番号をタップすると電話がかけられます。