By accepting you will be accessing a service provided by a third-party external to http://shallwehouse.com/

テレワークに対応した自宅のワークスペースの作り方

緊急事態宣言が解除され、名古屋市では学校もスタートとなり、少しづつ元の生活がスタートしている様子です。
今回の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、在宅勤務になった方も多いと思います。
テレワークは、働き方改革により、導入済み・導入予定とする企業も増えてきていたようで、
これを機会に事務所を縮小化したり、在宅勤務率を増やす企業も多いようです。

そこで今回紹介するのは、

テレワークに対応した自宅のワークスペースの作り方

小さなお子さまがいるご家庭では、リビングなどの共用スペースでは集中して仕事に取り組むことは難しいですよね。
小さなスペースでもいいから仕事用の空間を作ると、はかどり方も違ってくると思います。

テレワーク用の仕事スペースはどこに作る?

リビングの場合>

リビングの隅っこの壁面にワークデスクなどを設置する方法です。新しく部屋を作る必要がないので、収納付きのデスクを買う費用くらいでコストが抑えられます。壁で仕切られていないので、家族との会話を楽しみながら仕事ができますが、やはり、集中できる環境とは言えません。また、ZOOMなどテレビ会議を使用される方にとっては特に難しい。音も遮断されませんし、背景もリビングが丸見えとなってしまいます。

<リビングや寝室に半透明な可動間仕切りを利用する>

リビングや寝室の一部を仕切り、ガラス張りの小部屋を造る方法です。コーナータイプを使ってお部屋の一角を特別な空間にすることもできます。可動式なので使用しない時は開けておけばいいし、閉じておくと一つの部屋して確立されるので、音は遮断され仕事に集中できます。ガラスのほかアクリル系パネル、クリエカラーの木パネルを選ぶことが可能。ガラス張りにしていることで、採光もあり、間仕切りを閉じたときも空間の広がりを感じることができます。また、家族の状況なども確認できるのがいいですね。
※写真はリクシルのラシッサ可動間仕切り(LZB)

<納戸など空いている空間を利用する>

納戸など空いている空間があれば、有効活用できます。照明もついているし、収納棚があればそのままパソコンデスクや仕事用品の置き場として使えます。

一日も早い新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の完全終息を願っています。

建てるなら、資産として活かせる家
エネルギーを自給自足する家+停電しても停電しない家+制振ダンパーで災害に強い家
あなたと一緒につくる家 Shall We House × Smart2030

ネット銀行の住宅ローンについて
建てるなら、資産として活かせる家「かせるストック」認定の家

関連する投稿

ページトップへ

エネルギーを自給自足する家「Smart2030」・パッシブハウス・自然素材の家

〒457-0804
愛知県名古屋市南区源兵衛町4丁目30番地
TEL 052-613-0480 FAX 052-611-7692
電話番号をタップすると電話がかけられます。