7月
06

【名古屋市南区】オープンハウス開催!Shall We Houseの完成住宅見学会!

【名古屋市南区】オープンハウス開催!Shall We Houseの完成住宅見学会!
名古屋市南区三吉町でShall We House のオープンハウスを期間限定で開催いたします。ミライを先取る素敵な住宅に仕上がっているので、是非遊びにいらしてください。 \Webフォームでたった1分簡単予約!/【吹き抜けリビングがあるミライの家】 広々とした居住空間を演出する吹き抜けリビング。2階から降り注ぐ光が家全体を優しく包み込み、暮らしさえも明るく照らしてくれます。高機密・高断熱・全館空調の三拍子が揃っているので、温度も湿度も年中一定。夏涼しくて冬暖かい、吹き抜けリビングの家が完成しました。業界最先端の住宅性能*1「高機密高断熱・全館空調・電気の自給自足・防災性能・スマートホーム」が全部入りのミライの家。来場してくれた方が口を揃えて『快適で過ごしやすい!』とお話ししてくれます! 【環境...
続きを読む
  1533 ヒット
1533 ヒット
7月
06

補助金でお得なEV&使える電動バイクの世界

補助金でお得なEV&使える電動バイクの世界
EV、PHV、FCV(まとめてCEV:クリーンエネルギー自動車)には国や地方自治体からの補助金制度があります。7月1日から追加受付などが始まった制度の最新情報や、それらを使って個人がEVを購入する場合、実際いくらくらいか、また、バイクが好きな方必見の最新電動バイク情報をお届けします。 CEVの国の補助金制度は3種類 CEVの国の補助金制度は以下の3種類ですが、これらは併用できないので、いずれか1つを選択することになります。・経済産業省『令和2年度補正CEV補助事業』・環境省『令和2年度補正CEV補助事業』・『令和3年度CEV補助事業』詳しくは『次世代自動車振興センター』HPhttp://www.cev-pc.or.jp/hojo/r02hosei-cev.htmlへ経済産業省『令和2年度補正...
続きを読む
  507 ヒット
タグ:
507 ヒット
5月
26

2025年までにEVを15車種投入! トヨタが突然「電気自動車」を本格化させたワケ

2025年までにEVを15車種投入!
トヨタが突然「電気自動車」を本格化させたワケ
3月23日ブログの続報です。 (自動車情報・ニュース WEB CARTOPより抜粋) ●普通乗用車のEVでは後発組の印象 「トヨタはEVに消極的なはずだったのでは?」そう思い込んでいる人が、世の中に大勢いたかもしれません。トヨタが中国の上海モーターショーで2021年4月19日、スバルと共同開発した「bZ4X」をワールドプレミアしたからです。 トヨタの電動車といえば、1997年の初代「プリウス」を皮切りに2021年2月までの累計台数は1700万台を超えましたが、その主流はガソリンエンジンと電気モーターを融合するハイブリッド車です。 2010年初頭に、三菱「i-MiEV」と日産「リーフ」が大手自動車メーカーとして初めて量産型EVに参入したころ、トヨタは「iQ」のEVバージョンとして「e...
続きを読む
  617 ヒット
タグ:
617 ヒット
5月
24

便利?それとも不便!? EVのあるライフスタイル

便利?それとも不便!? EVのあるライフスタイル
遠くに旅行に行くのが大変、まだインフラが整っていない、いや維持費は安い、環境にも優しい。などなど、現状日本では賛否両論がありますが、日産「リーフ」をはじめテスラや欧州メーカーのモデルなど、日本でもさまざまなEVが選べるようになった2021年のいま、実際にどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。アウディのSUV型EV「e-tronスポーツバック」を体験したモータージャーナリスト大谷達也氏による連載です。(くるまのニュース5/16記事より抜粋) ●EVの弱点は 航続距離の短さと充電にまつわる不自由の2点  EVには現状、どのモデルを選んでもなんらかの弱点があります。 ・日産「リーフ」まずまず実用的だが、性能面でもクオリティ面でも、さらには走りの性能という面でも日本製コンパクトカー...
続きを読む
  461 ヒット
タグ:
461 ヒット
5月
18

事業者向けソーラーカーポートに補助金

事業者向けソーラーカーポートに補助金
●ソーラーカーポートに補助金  環境省は5月14日、事業者向けにソーラーカーポートや蓄電池の導入を支援する補助事業について、執行団体である環境技術普及促進協会より公募が開始されたことを発表しました。第1次の公募期間は、同日から6月10日としています。(スマートハウスリーダーズHPより抜粋)このほど募集を開始した『再生可能エネルギー事業者支援事業費(建物屋根上や空き地以外の場所を活用した自家消費型の太陽光発電設備(ソーラーカーポート等)及び蓄電池の導入を行う事業)』は、令和3年度の実施事業である『二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(PPA活用など再エネ価格低減等を通じた地域の再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業)』の中の一つ。太陽光発電の設置箇所拡大による更なるCO2削減を目的に...
続きを読む
  2114 ヒット
2114 ヒット
5月
17

名古屋市の低炭素化補助金

名古屋市の低炭素化補助金
名古屋市では、太陽光発電設備や省エネルギー機器等を導入して、二酸化炭素(CO2)の排出を少なくした住宅の普及をめざしています。今回は、その補助金制度(新築)について、見ていきます。 ●対象機器などは? ・太陽光発電設備・蓄電システム・HEMSの一体的導入 500件市内の既存住宅に、同時に導入太陽光発電設備 2万円/KW蓄電システム 1.5万円/KWHEMS 1万円/件・ZEH 150件国のZEH補助を受ける新築住宅 10万円/件国のZEH+補助を受ける新築住宅 20万円/件国のZEH+補助を受ける新築住宅に蓄電システムを同時に導入 29万円/件・V2H充放電設備 20件新たに設置または設置された新築住宅等の購入 5万円/件・エネファーム 500件新たに設置または設置された新築住宅等...
続きを読む
  567 ヒット
567 ヒット
4月
12

テスラ、家庭用蓄電池パワーウォールを宿泊施設へ初導入

テスラ、家庭用蓄電池パワーウォールを宿泊施設へ初導入
TeslaMotorsJapan(東京都港区)はこのほど、テスラ家庭用蓄電池「Powerwall(パワーウォール)」を太陽光発電システム、テスラ車両充電設備ウォールコネクターとともに、群馬県神流町が所有する「古民家の宿 川の音 離れ」へ設置したと発表しました。Powerwallの国内宿泊施設への設置は今回が初。 同施設の宿泊客は、宿泊に加えて太陽光発電、蓄電池、テスラ電気自動車の充電等の利用を通じて、クリーンでサステナブルな生活を体験できるようになります。(新建ハウジング3月30日記事より抜粋) ●Powerwallを「古民家の宿 川の音 離れ」に設置  同施設への1泊2日の宿泊とテスラ車両(モデル3)の無償貸し出しをセットでプレゼントするキャンペーン「Destination Ca...
続きを読む
  696 ヒット
696 ヒット
4月
09

『損せず、心地よく暮らしたいなら「デジタル・スマートハウス」はどうですか?』

『損せず、心地よく暮らしたいなら「デジタル・スマートハウス」はどうですか?』
今日は、本をご紹介します。また、本のプレゼントもありますので、ぜひご一読くださいね。 菅総理の、2035年までに国内で販売される自動車をすべて電気自動車化する、という宣言が、私たちShallWeHouseがつくる家『Smart2030』の追い風となりました。併せて改正省エネ法、残価設定型住宅ローンの導入開始など、住宅性能の向上に向けた新しい動きがあります。そんな中、これを読めばスマートハウスがよくわかる、ムック本が出版されました。 ●どんな内容? <目次>1.スマートハウスの定義2.スマートハウスは何がいいのか3.断熱性を考える4.健康で長生きできる換気を考える5.暖かく、涼しい暮らし方を考える6.電気を自給自足する必要性7.電気を生み出す具体的な方法8.災害に備える9.高資産価値...
続きを読む
  536 ヒット
536 ヒット
3月
23

トヨタ新型「SUV・EV」上海モーターショー世界初公開!

トヨタ新型「SUV・EV」上海モーターショー世界初公開!
●トヨタがスバルと共同開発する新型「SUV・EV」とは  トヨタの欧州法人は、2021年3月15日(現地時間)にSUVタイプの新型電気自動車(以下、新型SUV・EV)を同年4月21日から28日(公開日)に開催される「上海モーターショー2021」にて世界初公開することを明かしました。このモデルは、現在のRAV4と同じようなサイズになりますが、専用のアーキテクチャーを採用したBEV(バッテリー式EV)として、新たな車名が付けられる予定。トヨタによりますと、欧州市場向けに開発されるそうです。 今回の新型SUV・EVには、トヨタの新しいプラットフォーム「e-TNGA」をベースにしています。(3/16ライブドアニュース・くるまのニュースより抜粋) このe-TNGAに関しては、すでに概要が明か...
続きを読む
  673 ヒット
タグ:
673 ヒット
3月
22

テスラを脅かす第4の刺客「Canoo」が目指すのはEVキャンピングカー!?

テスラを脅かす第4の刺客「Canoo」が目指すのはEVキャンピングカー!?
●市場の話題をさらった『カヌー』  今年後半に発売が予定され、すでに60万台の予約が入るテスラのピックアップトラック、サイバートラック。しかし60万台を売ったところでピックアップトラップでトップを狙えるのはまだまだ先だといわれます。さらにテスラの地位を脅かす新興EVメーカーがどんどんあらわれています。日本人には馴染みがないかもしれませんが、テスラの地位を脅かす新興EVはすでに3社が注目を集めていますが、そこに第4の刺客が登場し、米国の自動車メディアでいま話題になっています。 それが3月11日にロサンゼルスで初めてメディアの前に登場したカヌー(Canno)です。仕事も遊びも楽しめるEVピックアップトラックを標ぼうし、市場の話題をさらっています。(3/16配信yahooニュースより抜粋...
続きを読む
  899 ヒット
タグ:
899 ヒット
2月
12

ドイツでEV+PHVの新車販売台数3.6倍の秘密

ドイツでEV+PHVの新車販売台数3.6倍の秘密
ドイツでは、2020年に電気自動車(EV)の販売台数が急増しました。実に前年比で3.6倍の多さでEV+PHVの新車が売れています。日本にいると想像がつかない数です。その背景には、政府の補助金だけではなく、インフラの整備など、さまざまな施策が。なぜ、ドイツはEVの導入が進んでいるのか、ドイツ在住のジャーナリスト、熊谷徹氏が報告します。(Energyshiftより抜粋) ●ミュンヘン地域電力のEV充電インフラはさらに充実 ディーゼル・ガソリン大国だったドイツに、突然EVブームがやって来たのです。同国は、モビリティー電化の時代へ向けて、大きな一歩を踏み出しました。(ここでは、ドイツ政府の定義に基づき、バッテリーだけを使う電気自動車=BEVと、基本的にバッテリーで走行し、補助的に内燃機関を...
続きを読む
  309 ヒット
309 ヒット
2月
01

日産が中国戦略を見直しEV拡充

日産が中国戦略を見直しEV拡充
業績が低迷する日産自動車は、中国市場の戦略を大幅に見直します。電気自動車(EV)の投入を加速するほか、部品や技術の現地化を進め、中国仕様の車種を増やすとともにコスト低減につなげます。世界各地で数を追ってきたカルロス・ゴーン前会長時代の戦略を転換し、重要市場に経営資源を集中するということです。(yahooニュースより抜粋)日産は今年、中国で新たに3車種の投入を計画。クロスオーバー「アリア」のEV、多目的スポーツ車(SUV)「Xトレイル」の新型車、同社独自のハイブリッド技術「eパワー」を採用した小型車「シルフィ」を発売します。関係者によりますと、来年から4年間は毎年1車種以上を投入。ほとんどがハイブリッド車あるいはEVで、自動運転技術も搭載します。このうち1車種はXトレイルのハイブリッド車になる...
続きを読む
  367 ヒット
タグ:
367 ヒット
1月
28

三菱エクリプスクロスPHEVは手軽な“実質的EV”

三菱エクリプスクロスPHEVは手軽な“実質的EV”
いろいろ取り沙汰される電動化であり、EVシフト。100%電気のバッテリーEVは、魅力的なモデルが日本で発売されるまで待つしかないですが、気になるモデルが。三菱エクリプスクロスPHEV。100%EVではなく、半分ガソリンで走り、半分充電した電力で走るプラグインハイブリッド=PHEVですが、非常に価格的にリーズナブルで、なおかつ乗っていて楽しい。(yahooニュースより抜粋) 安さの秘密は、既存プラットフォームであり、車種を上手に使ったところにあるのかも知れません。そもそもクロスオーバーSUVのエクリプスクロスは3年前にデビューした時点では普通のエンジン車しかありませんでした。 しかし昨年末のビッグマイナーチェンジで、兄貴分のアウトランダーPHEVと同じ2.4ℓエンジンと13.8kWhの大容量リ...
続きを読む
  331 ヒット
タグ:
331 ヒット
1月
20

新車全て電動車の実現は2035年に…菅首相がより明確に提示

新車全て電動車の実現は2035年に…菅首相がより明確に提示
いよいよガソリン車がなくなるということを明確に提示してきましたね。年限を明確にして、自動車メーカーや関連業界に対応を迫る考えのようですが、実現に向けては高性能な小型蓄電池の開発が必要になるなど課題は多いようです。今後のガソリン車の販売価格や、中古車市場なども気になってきますね。Shall We Houseは来るべくEV社会に、安心して暮らせる家をご案内しています。(2021年1月19日Responseより抜粋) 菅義偉首相は1月18日に始まった通常国会での施政方針演説で、国内販売車の電動化について「2035年までに新車販売で電動車100%を実現する」と表明した。これまで「2030年代半ば」とされてきた達成時期をより明確にした。菅首相は咋秋、2050年にCO2(二酸化炭素)など温室効果ガスの実...
続きを読む
  404 ヒット
タグ:
404 ヒット
1月
15

Apple、2024年のEV生産開始を検討

Apple、2024年のEV生産開始を検討
 ●「AppleCar」誕生? ロイター通信によりますと、12月21日、米アップルが2024年のEVの生産開始を目指し、車載電池技術の開発を進めているという報道がなされました。同社は自動運転技術の研究に取り組むなど、モビリティー分野への進出が長年取り沙汰されてきました。実現すれば、既存の自動車大手にとっては米テスラに続く脅威となりそうです。( energy-shift、ヤフーニュースより抜粋)「プロジェクト・タイタン」と呼ぶアップルの独自EV開発の取り組みが「十分に進歩」し、現在は消費者向けの車両の製造を目指していると報じました。同社は量産を見据え、EVの原価の約3割を占めるとされる電池のコストを削減する技術の開発に力を入れているそうです。アップルが、商品の企画と設計をおこない、生...
続きを読む
  343 ヒット
タグ:
343 ヒット
12月
23

EV世界トップ10と国産EV

EV世界トップ10と国産EV
●世界のEV ついに日産とトヨタがEV・PHVの「世界トップ10」から陥落してしまいました。米エコカー情報サイト「EV Sles」によりますと、2020年第3四半期(1-9月)累計のEV・PHVの世界販売で、日産自動車とトヨタ自動車がベスト10から陥落しました。(M&AオンラインHPより抜粋) いずれも主力モデルの日産「リーフ」(2017年10月全面改良)、トヨタ「プリウスPHV」(2017年2月全面改良)、三菱「アウトランダーPHEV」(2013年1月発売)の販売が伸びませんでした。EVやPHVの販売車種が少ないのも足を引っ張っているようです。 代わって順位が上昇したのは2位のドイツ:フォルクスワーゲン(前年同期6位)、4位のドイツ:BMW(同5位)、5位のフランス:ルノー(同13...
続きを読む
  715 ヒット
タグ:
715 ヒット
ページトップへ

エネルギーを自給自足する家「Smart2030」・パッシブハウス・自然素材の家

〒457-0804
愛知県名古屋市南区源兵衛町4丁目30番地
TEL 052-613-0480 FAX 052-611-7692
電話番号をタップすると電話がかけられます。