7月
06

【名古屋市南区】オープンハウス開催!Shall We Houseの完成住宅見学会!

【名古屋市南区】オープンハウス開催!Shall We Houseの完成住宅見学会!
名古屋市南区三吉町でShall We House のオープンハウスを期間限定で開催いたします。ミライを先取る素敵な住宅に仕上がっているので、是非遊びにいらしてください。 \Webフォームでたった1分簡単予約!/【吹き抜けリビングがあるミライの家】 広々とした居住空間を演出する吹き抜けリビング。2階から降り注ぐ光が家全体を優しく包み込み、暮らしさえも明るく照らしてくれます。高機密・高断熱・全館空調の三拍子が揃っているので、温度も湿度も年中一定。夏涼しくて冬暖かい、吹き抜けリビングの家が完成しました。業界最先端の住宅性能*1「高機密高断熱・全館空調・電気の自給自足・防災性能・スマートホーム」が全部入りのミライの家。来場してくれた方が口を揃えて『快適で過ごしやすい!』とお話ししてくれます! 【環境...
続きを読む
  1533 ヒット
1533 ヒット
4月
09

『損せず、心地よく暮らしたいなら「デジタル・スマートハウス」はどうですか?』

『損せず、心地よく暮らしたいなら「デジタル・スマートハウス」はどうですか?』
今日は、本をご紹介します。また、本のプレゼントもありますので、ぜひご一読くださいね。 菅総理の、2035年までに国内で販売される自動車をすべて電気自動車化する、という宣言が、私たちShallWeHouseがつくる家『Smart2030』の追い風となりました。併せて改正省エネ法、残価設定型住宅ローンの導入開始など、住宅性能の向上に向けた新しい動きがあります。そんな中、これを読めばスマートハウスがよくわかる、ムック本が出版されました。 ●どんな内容? <目次>1.スマートハウスの定義2.スマートハウスは何がいいのか3.断熱性を考える4.健康で長生きできる換気を考える5.暖かく、涼しい暮らし方を考える6.電気を自給自足する必要性7.電気を生み出す具体的な方法8.災害に備える9.高資産価値...
続きを読む
  536 ヒット
536 ヒット
2月
18

「暖房」とは体をあたためることではない

「暖房」とは体をあたためることではない
暖房をしているのに背中が寒く、足先が冷たい。そんな住まいは少なくありません。なぜ暖房しているのに不快なのか、快適な住まいにするにはどうすればよいのか。東京大学の前真之准教授が解説。(新建ハウジングより抜粋)●採暖で得られるのは快適ではなく快感 中緯度に位置し四季の変化がはっきりしている日本では、夏は暑い一方で、冬はかなり冷え込みます。日本の家では冬に室内で囲炉裏やストーブで生火を焚いて暖を採る、いわゆる「採暖」が永らく行われてきました。そのせいか、「暖房とは体を温めること」と誤解している人が少なくないようです。ですが「採暖」と「暖房」は似ているようで、実はかなり違います。採暖で体の一部を加熱して得られる「暖かい」という感覚は、「快感」に近いものです。快感は感覚の変化によってもたらさ...
続きを読む
  299 ヒット
299 ヒット
1月
29

コロナ時代に対応!玄関に手洗い、換気を見直す建築依頼急増

コロナ時代に対応!玄関に手洗い、換気を見直す建築依頼急増
コロナ禍で手洗い意識が高まっている現在、増えているのが「玄関に手洗い場を作る」という発想の家です。「2021年もその傾向は強いし、さらに要望は高まると予想しています」と語るのは、新築だけでなくリノベーションにも力を入れている「名月住建」(本社・兵庫県尼崎市)の河野昇徳社長。コロナ時代の住宅のあり方などのインタビューです。(新建ハウジングより抜粋) ●コロナ禍で玄関に洗面台のある住宅依頼が急増 コロナ禍で家に帰ったらすぐに手洗いやうがいをする人が増えています。しかし、実際問題として現状の家屋では洗面所にたどりつくまでに、スイッチやあちこちを触ったりするのは避けられません。河野社長は「洗面所は通常、プライベートなところなので、家族が使用するものと思っている人も少なくないようです。お客さんにも手洗...
続きを読む
  421 ヒット
421 ヒット
8月
18

網戸すり抜ける虫発生!窓を開けないで空気の入れ替えができる家

網戸すり抜ける虫発生!窓を開けないで空気の入れ替えができる家
 体長1~2ミリの小さな虫、網戸を簡単にすり抜ける鳥取県米子市や鹿児島県奄美大島などの一部地域で近年、「干拓虫」や「スケベ虫」などの通称で呼ばれる虫の被害が増えてきている。かまれると強いかゆみに襲われ、症状が1カ月以上続く人も。体長1~2ミリの小さな虫で、網戸を簡単にすり抜ける。気付かぬうちに衣服の下に潜り込むことから被害を防止するのが難しいという。かまれると赤くなり、人によってはかゆみや腫れが1週間以上続く。3月末から5月初旬が発生のピーク。沖縄県の久米島(沖縄県久米島町)でも近年、ヌカカの活動範囲が広がり被害が出るようになったという。発生時期は2~5月。発生源が自治体は調査、駆除を行うも、発生源が特定されていないため、発生抑止にはつながらない。 窓を開けて換気するので虫対策が欠...
続きを読む
  2521 ヒット
2521 ヒット
7月
21

フロー消費型社会から、ストック型社会へ

フロー消費型社会から、ストック型社会へ
いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う 戦後の高度経済成長を経て、我が国はGDPなどフローの経済指標に関しては世界最高の水準を実現したものの、いまだ欧米諸国と比較して「ゆとり」や「豊かさ」が実感しにくい状況にあります。また、少子高齢化、地球温暖化問題や廃棄物問題などの環境問題の深刻化も予想されます。このような中で、20 世紀の「つくっては壊す」フロー消費型社会から、「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」ストック型社会への転換が急務となっています。これに関し、住宅分野については、平成15年住宅・土地統計調査によると、全国の世帯数は約4700 万世帯あるのに対し、住宅数が約 5400 万戸と量的には充足したものの、良好な居住性能等を備えた住宅ストック...
続きを読む
  1104 ヒット
1104 ヒット
7月
16

設計住宅性能評価書を交付した住宅の割合が過去最高に!

設計住宅性能評価書を交付した住宅の割合が過去最高に!
国土交通省は6月30日、2019年度の住宅性能表示制度の実績を発表しました。新設住宅着工戸数に対する設計住宅性能評価書の交付割合は前年度比1.6ポイント増の27.7%と、4年連続増で過去最高となりました。新設住宅着工戸数88万3687戸のうち設計での評価書交付は24万5156戸で、対前年比で割合は増加しましたが、戸数は1.6%減でした。設計住宅評価書交付のうち戸建ては1.7%増の12万9208戸、共同住宅等は5.0%減の11万5948戸でした。評価書交付のうち建設(新築)は5.3%増の19万9275戸、建設(既存)は28.2%増の400戸でした。 住宅性能表示制度  住宅性能表示制度は、住宅の性能について、国が定める共通のルール(住宅品質確保法)に基づき、登録住宅性能評価機関が評価...
続きを読む
  863 ヒット
863 ヒット
7月
10

省エネ性能の説明義務制度スタート

省エネ性能の説明義務制度スタート
日本の平均気温は上昇 世界の年平均気温は100年あたり0.68℃の割合で上昇する中、日本は1.15℃の割合で上昇し、特に異常高温日が増え、熱帯夜や猛暑日が増加したため、冷房使用が増し、温暖化をさらに進めています。わが国のエネルギー消費の約3割を占めている住宅・建築分野。加えて、世帯数・床面積の増加やライフスタイルの変化で、エネルギー消費は増えています。こうした、エネルギー需給構造の逼迫の解消や、地球温暖化対策に係る 「パリ協定」の目標達成のため、住宅・建築物の省エネ対策の強化が喫緊の課題となっています。 『建築物省エネ法』が改正 住宅・建築物市場を取り巻く環境を踏まえ、規模・用途ごとの特性に応じた、実効性の高い総合的な対策を講じることが必要不可欠となりました。これを受け、平成27年...
続きを読む
  1728 ヒット
1728 ヒット
7月
02

住宅取得等資金の贈与非課税の特例(暦年課税)

住宅取得等資金の贈与非課税の特例(暦年課税)
贈与税最大1500万円非課税  マイホームを建てる時、親や祖父母から頭金を援助(贈与)してもらうことを検討している人は多いのではないでしょうか。通常、贈与を受けた場合、基礎控除110万円を超えた部分には贈与税がかかります。 しかし、住宅購入資金の贈与に関しては、請負契約等の締結日に応じて(2020年6月現在)最大1500万円まで非課税になる特例(住宅取得等資金の贈与税の非課税)がありますので活用しましょう。住宅資金の頭金の準備住宅の資金計画の中で、頭金の準備が多いほど住宅ローンは少なくて済むので、その分利息を支払う必要がなくなります。その分建物価格の予算も上がりますので、質の高い住宅を建てることができます。 頭金の準備の方法は、「貯蓄」「親からの借入」「親からの贈与」があ...
続きを読む
  1215 ヒット
1215 ヒット
6月
05

進化するエアコン

進化するエアコン
これからの暑い季節、欠かせないエアコン。また、猛暑や寒波など、昨今の気候変動は家づくりにおいても懸念材料となります。そこで今回は、Shall We Houseが提案する、省エネ性能が高く快適な住まいに、より快適さをプラスする、進化した最新型エアコンを紹介します。 無給水加湿(うるる加湿) エアコンは日々技術が進歩し、新機種になるほど付加機能も省エネ性能も優れています。今回紹介するのは、ダイキンの快適フラッグシップモデル"うるさらX"。注目したいポイントの1つが「無給水加湿」。なんとこの機能、家庭用エアコンにおいてダイキンだけの技術だそうです。冬の暖房時には乾燥肌が気になりますが、外の空気中の水分をエアコンが取り込み、無給水でお肌やお部屋を加湿するというもの。「パワフル加湿モード」により広いリ...
続きを読む
  904 ヒット
904 ヒット
6月
04

コロナウィルスを住宅に侵入させない家づくり

コロナウィルスを住宅に侵入させない家づくり
愛知県は5月26日、新型コロナウイルス感染拡大予防対策指針を策定しました。引き続き、県民・事業者に対して三つの密を避けるため「新しい生活様式」の実践・定着を要望しています。これを機会に住宅の現在の建物の換気基準を真剣に考えるべきだと思います。 国内ではこうしたウイルスが住宅内に侵入しやすい「第三種換気システム」を採用している住宅が多いことです。 第三種換気は気象状況の空気をそのまま住宅内に取り入れる換気設備のため、コロナウイルス、PM2.5、花粉などは換気設備を通して住宅内に侵入させる可能性が高いのです。一般的な第一種換気システムは強制給気するため、ファンモーターで外気といっしょにホコリ、花粉、虫やゴミが吸い込んでしまい、本体のフィルターが詰まるリスクがあるそのため頻繁にフィルターを掃除した...
続きを読む
  998 ヒット
998 ヒット
6月
03

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019で「特別優秀賞」を受賞

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019で「特別優秀賞」を受賞
 Shall We Houseが参画するSmart2030の新潟県上越市にあるSmart2030零和の家(上越中央モデルハウス)が、ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019で「特別優秀賞」を受賞いたしました。 一般財団法人日本地域開発センターが主催しているハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019。Shall We Houseでもご提案しているSmart2030の上越中央モデルハウスが「特別優秀賞」を受賞いたしました。この表彰制度は、建物躯体と設備機器をセットとして捉え、トータルとしての省エネルギー性能やCO2削減等へ貢献する優れた住宅を表彰する制度です。 さらなる省エネルギーによる環境負荷削減の推進と快適な住まいの実現に貢献することを目指し、優れた住宅に送られるもの...
続きを読む
  949 ヒット
949 ヒット
5月
30

Shall We House - 井藤工業 - はSDGsに取り組んでいます

Shall We House - 井藤工業 - はSDGsに取り組んでいます
持続可能な開発目標SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは、「Sustainable Development Goals」の略称であり、日本語に訳すと「持続可能な開発目標」という意味です。2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の「国連持続可能な開発サミット」にて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ(行動計画)」で掲げられた、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標となっています。17のゴール・169のターゲットから構成されていて、SDGsの最大の特徴のうちの一つが、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」という理念です。前身となるMDGsは主に発展途上国...
続きを読む
  1164 ヒット
1164 ヒット
5月
23

PM2.5、花粉、ウイルスなんて怖くない家 <基礎断熱編>

基礎の断熱工法は大きく2種類あります。基礎のコンクリート上部と土台柱の間には、従来基礎の立ち上がりに設けていた大きな換気口の代わりに礎パッキン」というものを用いることで、土台から基礎を分離させ、ンクリートからの湿気を土台へ浸透するのを防ぎ、建物の耐久性を向上させる効果があります。基礎内に空気を取り入れ、基礎内の換気性能を上げる工法を床断熱工法と言い、この場合、断熱材は1階床下に施工されます。短所は冷気、暖気の温度と湿度がそのまま入る事で、冬は1階の床が冷えて足元が寒くなります。また、基礎内には充分な空気量を確保できないため、柱の腐敗、カビなどが発生するケースもあります。このSmart2030では、吹き付け工法と言う基礎内の断熱を強化します。コンクリート上部と土台の間から外気の影響を受けないよ...
続きを読む
  1888 ヒット
1888 ヒット
5月
23

PM2.5、花粉、ウイルスなんて怖くない家 <換気基礎知識編>

昨今、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響で、3密を避けようとニュースなどで報じられています。3密の一つである密閉を避けるために、随時換気・常時換気が必要ですが、換気は何も窓を開けておくことだけではありません。換気には2種類あり、一つが自然換気(パッシブ換気)、もう一つが機械式換気です。「自然換気」は、その名の通り動力を使わないで、自然通風や風圧力、室内外の温度差を利用して換気する方式です。窓を開けて換気するのも自然換気です。一方「機械式換気」は、動力を使い、強制的に給気と排気、若しくは、給気・排気のいずれかを機械の力で行う方法です。機械式ですので24時間換気が行われます。機械式換気は今では新築住宅に義務化されています。最近は、サッシや新建材などで外気を遮断するなど、家自体の高...
続きを読む
  1022 ヒット
1022 ヒット
ページトップへ

エネルギーを自給自足する家「Smart2030」・パッシブハウス・自然素材の家

〒457-0804
愛知県名古屋市南区源兵衛町4丁目30番地
TEL 052-613-0480 FAX 052-611-7692
電話番号をタップすると電話がかけられます。