By accepting you will be accessing a service provided by a third-party external to http://shallwehouse.com/

スマートハウスとは?

スマート(賢い)ハウス(住宅) 

 IT(情報技術)を使って、家庭内のエネルギー消費が最適に制御された、つまりエネルギーを賢く利用する住宅のことです。

具体的には、太陽光発電システムや蓄電池などのエネルギー機器、家電、住宅機器などをコントロールし、エネルギーマネジメントを行うことで、CO2排出の削減を実現する省エネ住宅のことを指します。

省エネ・創エネ設備を備えた住宅がエコ住宅であるのに対し、エネルギーマネジメントシステムで最適化されたエコ住宅がスマートハウス(=賢い住宅)と言えます。

3つのエネルギー 

スマートハウスは3つのエネルギーに分類されます。

◎創エネルギー・・・・・家庭内でエネルギーを作ること。(太陽光発電システムなど)

◎蓄エネルギー・・・・・家庭内でエネルギーを貯めるための仕組み。(蓄電池など)

◎省エネルギー・・・・・家庭内で使用するエネルギー消費を抑えるための取り組み。(エネルギー機器、家電、住宅機器の制御)

私たちにとって「スマートハウス」は、エコであるとともに、光熱費を削減できる経済性が魅力です。

スマートホームとスマートハウスの違い 

スマートホームは、子育て世代、高齢者、単身者など、様々なライフスタイル・ニーズにあったサービスをIoTにより実現する新しい暮らしです。利便性、快適、安心・安全、健康を追求した住宅システムで、インターネットに接続できる家電を集めて、それらをスマホやスマートスピーカーで操作ができるようにします。

一方、スマートハウスの特徴はエネルギーの有効活用です。創エネ・蓄エネ・省エネの観点から、節約を重視した住宅を目指します。創エネ・断熱・HEMS(詳しくはSmart2030のテクノロジー)を軸に、省エネ・節約を追及した住宅そのものを指すことが多いです。

Shall We HouseのWe-Smart2030は、スマートハウスと、住居のIT化による利便性を重視したスマートホームを両立させた「IoTプラットHOME」です。VPP(Virtual Power Plant)時代の到来に向け、 エネルギー地産地消の実現を目指します。また、IoTにより家電・AV機器・IT機器(PC/タブレット)・カーAVC機器等あらゆる機器がネットワークで結びつくことで、私たちの暮らしがより便利で快適になります。

We-Smart2030「IoTプラットHOME」

スマートハウスに住むメリット 

 スマートハウスに住む最大のメリットは、電気料金の支出を大幅にカットできる点です。建設時にソーラーパネルを設置することで、住居内で電気を作ることが可能となり、外部の電気会社から電気を供給してもらう必要がほぼなくなるため、毎月の出費を大きく抑えることができます。
さらに、HEMS設備があることでエネルギーの見える化が可能になります。電力会社から電気を供給される場合は、総量がわかっても、どの家電でどれくらいの電力を使用しているかは不明確ですが、HEMSでは、電力の使用を細分化し、把握することが可能なので、電力使用量の多い家電の見直しを行い、エネルギー活用の最適化を目指せます。また、家電製品の自動制御ができる点も、スマートハウスの魅力と言えます。
また、HEMSは電力以外のエネルギーを最適化することも可能です。ガス・水道・電気自動車との連携もできるため、家庭のエネルギー情報の一元管理を実現します。エネルギー情報の一元管理は、災害時に有効です。特に、停電時には蓄電した電気を使えるので、自家発電と家の中での蓄電ができるスマートハウスは、災害やトラブルにも強い住宅と言えます。

HEMSでエネルギーの見える化

スマートハウスに住むデメリット 

 ソーラーパネルなどの設備費は高額となります。よって、導入費用としての投資が必要です。また、定期的なメンテナンスも必要となります。
しかし、住宅業界は「省エネ性能の説明義務制度」(詳しくは省エネ性能の説明義務制度スタート)がスタートするなどの流れもあり、省エネ性能を求められています。ZEHなどと組み合わせることで、各自治体による補助金制度を上手に活用すれば、経済的負担を軽減できそうです。(新型コロナウイルス対応や最新省エネシステム導入の優遇制度もご覧ください)

>>詳しくは 名古屋市HPより 令和2年度 住宅の低炭素化促進補助をご覧ください。

スマートシティやスマートグリッド 

スマートハウスは、ITを駆使し電力の需給を最適化するスマートグリッド(次世代送電網)を基盤に、エネルギー効率の高い都市(地域)づくりをめざす「スマートシティ(スマートコミュニティ)」の最小単位としても注目されています。
平成21年1月に、『環境モデル都市』として国から選定された豊田市では、スマートハウスの導入数の累計300戸を2020年の数値目標としています。

スマートシティ官民連携プラットフォームより

スマートハウスはミライのフツー? 

豊田市では"ミライのフツーをつくろう"として、SDGsを掲げていますが、
Shall We Houseでも、SDGsに取り組んでいます。
(詳しくはShall We House - 井藤工業 - はSDGsに取り組んでいます

普及しつつあるスマートハウスを、選択肢に入れてみませんか?

豊田市ミライのフツーを目指そうwebより


エネルギーを自給自足する家+停電しても停電しない家+制振ダンパーで災害に強い家

あなたと一緒につくる家 Shall We House × Smart2030

住まい選びと「ハザードマップ」
網戸すり抜ける虫発生!窓を開けないで空気の入れ替えができる家

関連する投稿

ページトップへ

エネルギーを自給自足する家「Smart2030」・パッシブハウス・自然素材の家

〒457-0804
愛知県名古屋市南区源兵衛町4丁目30番地
TEL 052-613-0480 FAX 052-611-7692
電話番号をタップすると電話がかけられます。